家を売る契約

不動産を買いたいという方はたくさんいますが、理想の物件が見つからず、足踏みを踏んでいる方も少なくありません。売り手にしても、家を売ることを知ってもらう方法が無い方がたくさんいるので、大抵は不動産会社を経由して不動産の情報を発信し、買い手に不動産の情報を知ってもらいます。不動産会社に買い手を見つけてもらうには、何かしらの契約を結ぶ必要がありますが、3つある契約のうち、一般媒介契約は、多くの不動産に情報発信を依頼できる契約となっています。

ネットワークイメージ画像一般媒介契約は、複数の不動産会社に契約を結ぶことで、より多くの人に不動産の情報を知ってもらう契約です。
不動産会社のネットワークは非常に広大で、複数の不動産会社を介せば、さらに多くの人に不動産の情報を知ってもらえます。
さらに自分でも不動産の情報を発信できるので、自分の身の回りに不動産を買いたい人が見つかれば、その人と独自に契約を結び、不動産会社への仲介手数料なども気にすることなく、家を売ることも可能です。

より多くの方に不動産の情報を知ってもらえるチャンスがある一般媒介契約ですが、契約に関する拘束力は弱いので、不動産会社側からのサポートが力不足に感じることもあるかもしれません。その分他の契約よりも自分から積極的に不動産を売り込んだほうが利益が出る可能性が上がるので、他の人に任せるよりも、自分から積極的に買い手を見つけられるよう、事前に広報などの準備を進めてから契約を結んだほうが良いかもしれません。


Pocket