サポートの違い

家を売るには、何かしらの方法で買い手を見つけなければなりません。大抵の方は不動産会社を経由して買い手を見つけていますが、不動産会社のサポートを受ける際、どんな契約を結んでいるかで、サービスの内容に違いが出てきます。一般媒介契約は複数の不動産会社に情報発信を依頼するときに使われますが、不動産会社のサポートはどのようなものになるのでしょうか。

一般媒介契約のサポート内容

困った顔をする女性画像一般媒介契約によるサポートは、他の契約に比べて心もとないといわれています。
というのも、他の契約の場合は、契約期間の間、どういった活動をしてきたか定期的に報告する義務がありますが、一般媒介契約にはそうした法令上の制限はありません。
自分で情報公開を申告するなどの方法で知ることも出来ますが、確実に情報が得られない分、不動産会社側も調査に力を入れないことが多いです。

一般媒介契約の元で行なわれる不動産会社のサポートが力を入れないものになるのは、利益が出るかが不安定になることが大きな要因とされています。
複数の不動産会社と契約を結ぶということは、せっかく時間とお金をかけて調査や宣伝をしても、他の不動産会社の買い手と契約を結ばれてたら利益が出ないためです。そういった理由から一般媒介契約ではそれほど力を入れない不動産会社も多いですが、もちろん情報を発信できる場が増えるのは大きなメリットとなるので、一度しっかり一般媒介契約を結ぶべきか考えてみましょう。


Pocket