直接契約のチャンスも

家を売る際、不動産会社に広報などを依頼すると、独自のネットワークを駆使して、より多くの買い手を見つけ出してくれます。不動産会社に情報発信を依頼する際は、どのように不動産会社と取引するか、契約内容を決める必要がありますが、一般媒介契約を結んだ場合、複数の不動産会社に情報発信を依頼出来ます。その分不動産会社一つ一つが、仕事に手を入れなくなるとも言われているので、その分をカバーすることも意識しましょう。

一般媒介契約のメリット

手を合わせて喜ぶ女性の画像一般媒介契約は、不動産会社にしてみると、ライバルが多い分、損失が出る可能性が増える契約として映ります。
そのため損失を生まないよう、買い手の調査や広報活動も力を入れなくなる傾向が強いので、その分をカバーするためにも、自分で広報活動を行ないましょう。
一般媒介契約は、不動産会社を介さずに契約を結べる契約でもあるので、自分で広報活動を行い、買い手を見つけられれば、さらに大きな利益につながります
個人間で売買契約を結んだ場合、一般媒介契約では、不動産会社への仲介手数料などは発生しないからです。仲介手数料を払う必要がないためさらに多くの利益を得られるチャンスがありますが、その分個人で行なう作業は格段に増えるので、手間をかけずに不動産を売買したいという方にとっては、不向きな契約といえるかもしれません。もし買い手のあてがあったり、広報活動などに時間を割ける余裕があるのなら、一般媒介契約の元で、不動産売買に挑戦してみましょう。


Pocket