直接契約のチャンスも

家を売る際、不動産会社に広報などを依頼すると、独自のネットワークを駆使して、より多くの買い手を見つけ出してくれます。不動産会社に情報発信を依頼する際は、どのように不動産会社と取引するか、契約内容を決める必要がありますが、一般媒介契約を結んだ場合、複数の不動産会社に情報発信を依頼出来ます。その分不動産会社一つ一つが、仕事に手を入れなくなるとも言われているので、その分をカバーすることも意識しましょう。

一般媒介契約のメリット

手を合わせて喜ぶ女性の画像一般媒介契約は、不動産会社にしてみると、ライバルが多い分、損失が出る可能性が増える契約として映ります。
そのため損失を生まないよう、買い手の調査や広報活動も力を入れなくなる傾向が強いので、その分をカバーするためにも、自分で広報活動を行ないましょう。
一般媒介契約は、不動産会社を介さずに契約を結べる契約でもあるので、自分で広報活動を行い、買い手を見つけられれば、さらに大きな利益につながります
個人間で売買契約を結んだ場合、一般媒介契約では、不動産会社への仲介手数料などは発生しないからです。仲介手数料を払う必要がないためさらに多くの利益を得られるチャンスがありますが、その分個人で行なう作業は格段に増えるので、手間をかけずに不動産を売買したいという方にとっては、不向きな契約といえるかもしれません。もし買い手のあてがあったり、広報活動などに時間を割ける余裕があるのなら、一般媒介契約の元で、不動産売買に挑戦してみましょう。


サポートの違い

家を売るには、何かしらの方法で買い手を見つけなければなりません。大抵の方は不動産会社を経由して買い手を見つけていますが、不動産会社のサポートを受ける際、どんな契約を結んでいるかで、サービスの内容に違いが出てきます。一般媒介契約は複数の不動産会社に情報発信を依頼するときに使われますが、不動産会社のサポートはどのようなものになるのでしょうか。

一般媒介契約のサポート内容

困った顔をする女性画像一般媒介契約によるサポートは、他の契約に比べて心もとないといわれています。
というのも、他の契約の場合は、契約期間の間、どういった活動をしてきたか定期的に報告する義務がありますが、一般媒介契約にはそうした法令上の制限はありません。
自分で情報公開を申告するなどの方法で知ることも出来ますが、確実に情報が得られない分、不動産会社側も調査に力を入れないことが多いです。

一般媒介契約の元で行なわれる不動産会社のサポートが力を入れないものになるのは、利益が出るかが不安定になることが大きな要因とされています。
複数の不動産会社と契約を結ぶということは、せっかく時間とお金をかけて調査や宣伝をしても、他の不動産会社の買い手と契約を結ばれてたら利益が出ないためです。そういった理由から一般媒介契約ではそれほど力を入れない不動産会社も多いですが、もちろん情報を発信できる場が増えるのは大きなメリットとなるので、一度しっかり一般媒介契約を結ぶべきか考えてみましょう。


家を売る契約

不動産を買いたいという方はたくさんいますが、理想の物件が見つからず、足踏みを踏んでいる方も少なくありません。売り手にしても、家を売ることを知ってもらう方法が無い方がたくさんいるので、大抵は不動産会社を経由して不動産の情報を発信し、買い手に不動産の情報を知ってもらいます。不動産会社に買い手を見つけてもらうには、何かしらの契約を結ぶ必要がありますが、3つある契約のうち、一般媒介契約は、多くの不動産に情報発信を依頼できる契約となっています。

ネットワークイメージ画像一般媒介契約は、複数の不動産会社に契約を結ぶことで、より多くの人に不動産の情報を知ってもらう契約です。
不動産会社のネットワークは非常に広大で、複数の不動産会社を介せば、さらに多くの人に不動産の情報を知ってもらえます。
さらに自分でも不動産の情報を発信できるので、自分の身の回りに不動産を買いたい人が見つかれば、その人と独自に契約を結び、不動産会社への仲介手数料なども気にすることなく、家を売ることも可能です。

より多くの方に不動産の情報を知ってもらえるチャンスがある一般媒介契約ですが、契約に関する拘束力は弱いので、不動産会社側からのサポートが力不足に感じることもあるかもしれません。その分他の契約よりも自分から積極的に不動産を売り込んだほうが利益が出る可能性が上がるので、他の人に任せるよりも、自分から積極的に買い手を見つけられるよう、事前に広報などの準備を進めてから契約を結んだほうが良いかもしれません。